平成29年「長崎くんち」・出演する踊町と演(だ)し物の紹介

 ※ 380年の歴史を有する長崎の秋の大祭

  ◆ くんち事始め

◇ 諏訪神社の大祭の最初は寛永11年(1634)であった。
  寛永11年(1634)に、当時の太夫町(後に丸山町と寄合町になる)の高尾・音羽の両人が、諏訪神社前に謡曲「小舞」を奉納したのが「長崎くんち」の始まりと言われています。
◇ くんちの語源
  重陽の節、菊の節句の9月9日の「くにち」が「くんち」となったとの説が一般のようです。
◇ 国指定重要無形民俗文化財(昭和54年2月3日指定)
  長崎くんちの奉納踊りは毎年、10月7日から3日間、長崎市の諏訪神社の秋祭に奉納されるもので、奉納踊りに参加する踊町はそれぞれ永い伝統により趣向をこらした傘鉾をはじめ様々な芸能が伝承されており、長崎独特の文化的伝統を伝えるものとして重要な意義を持っています。

  ● 平成29年度・奉納踊町(おどりちょう)五ヵ町と演し物

踊町とは、その年に奉納踊を披露する当番の町を踊町と言います。現在、長崎市内に全部で59カ町存在し、7つの組に分けられています。当番は7年一巡となっており、長崎くんちの演し物を全てを観るには7年間踊場に通いつめなければなりません。

長崎くんち

※ 清祓の順番で掲載)
  馬 町  傘鉾(かさぼこ) ・ 本踊(ほんおどり)
  東濱町  傘鉾(かさぼこ) ・ 竜宮船(りゅうぐうせん)
  八坂町  傘鉾(かさぼこ) ・ 川 船(かわふね)
  銅座町  傘鉾(かさぼこ) ・ 南蛮船(なんばんせん)
  築 町  傘鉾(かさぼこ) ・ 御座船(ござぶね) ・ 本踊(ほんおどり)

  ● 今後のおもなスケジュール

◇ 6月1日小屋入り(こやいり)
 (清祓い午前8時開始)
  踊町の世話役や出演者が、諏訪・八坂の両神社神前で清祓を受けて大役の無事達成を祈願し、この日から演し物の練習に入ります。
 打ち込み(うちこみ)
  夕刻より踊町の役員などが、他の踊町や年番町、関係先などにシャギリを伴って、あいさつ回りを行ないます。
◇ くんち稽古
  7月下旬学校が夏休みに入ってから各踊町は本格的な稽古を開始します。
  8月下旬踊町激励訪問(夕方~)
◇ 10月3日庭見世(にわみせ)
 (各踊町にて夕方より)
  各踊町の家々では、表格子をはずし木戸口を開放するなどして、家の中や庭園を道行く人に見せます。また、表通りに面した店舗などには、傘鉾をはじめ演し物の曳物、本番に使用する衣装・小道具・楽器などを分散して飾る他、出演者に贈られたお祝い品も、ところ狭しと並べられてご披露されます。
◇ 10月4日人数揃(にいぞろい)
 (各踊町にて午後より)
  演し物が立派に仕上がったことを、その町内の数ヵ所で本番と同様の衣装でご披露します。
◇ 10月7日前日(まえび)長崎くんち本番
 【午前7時 奉納踊開始】奉納踊終了後、庭先回り
  午後1時、お下り後に続いて傘鉾パレードが予定されています。
  ※お下り 諏訪神社の本宮からお旅所の仮宮まで、諏訪・住吉・森崎の三基の御神輿が下ります。
◇ 10月8日中日(なかび)
  午前7時 奉納踊開始 → 奉納踊終了後、庭先回り
◇ 10月9日後日(あとび)
  午前7時 奉納踊開始 → 奉納踊終了後、庭先回り
  午後1時、お上り (お旅所仮宮~本宮へ)
  ※お上り お旅所の仮宮から諏訪神社の本宮へ、三基の御神輿がもどります。
  県庁坂や諏訪神社の石段を一気に駆け上がるその姿は迫力があり、くんちのフィナーレを勇壮に飾ります。

  ● 馬 町(うままち)

※ <町名の由来>
 馬町は、諏訪神社の門前に位置する。長崎街道の入口付近には、常時、公用の荷物を運ぶ馬がいつも待機していて、馬を手配する町として発展した町が馬町です。 寛文12年(1672)通りをはさんで諏訪神社側を北馬町、中島川よりを南馬町分割されたが、明治5年(1872)統合され馬町となり現在に至ります。
 当時いた馬は次の宿である日見宿まで客人とともに荷物を載せ向かい、荷物を下ろした後はひとりで馬町まで戻って来たという。
※ <傘  鉾>
飾(ダシ) 馬具に弓矢陣笠鞭を配す(天保12年作)
    黒ビロード
垂模様  紫繻子に金糸を以て綸子模様縫い、それに金糸・銀糸にて柏に雲の形を縫い散らし
※ <演し物>
本踊(ほんおどり)  長唄今日爰祭祝三番叟(きょうここに まつりをいわう さんばそう)
  所望踊:娘みこし 長崎の七不思議 長崎ぶらぶら節

  ● 東濱町(ひがしはまのまち)

※ <町名の由来>
 寛文3年(1663)には現在の浜町に当る海岸に最初の新地の築立てを行い、続いて延宝4年(1676)に中島川沿いを築出すなど浜に面した便利な町として濱町は発展し、薩摩、五島、久留米の各藩の屋敷や、そのご用達の問屋が建ち並ぶ地域となります。
寛文12年(1672)の寛文の大改革により東濱町、西濱町の二町に分割された。現在は西濱町や万屋町の一部を合併して浜町となっているが、「くんち」の踊り町のときのみ昔の町区の東濱町の名で出場しています。
※ <傘  鉾>
飾(ダシ) 浜辺に因んで、大きな蛤から吹出す汐の中に金色まばゆき蜃気楼(竜宮城)あり。大小二個の蛤を添える。
潮は1本1本に白絹を巻いた細い竹数百本を組み合わせて出来ています。
    黒ビロード(シホンベルベット)に金糸にて町名
垂模様  (前日)金通し塩瀬羽二重赤地に金色静海波模様 (後日)塩瀬羽二重海底模様(竜宮伝説を表現)
※ <演し物>
竜宮船(りゅうぐうせん)  意匠:故清水崑  昭和43年に新調

  ● 八坂町(やさかまち)

※ <町名の由来>
 江戸初期、石灰町(本石灰町)に多くの石灰が荷揚げされていたが、油の需要増で油屋町の山手側に新たな町、今石灰町が開かれた。その後、寛文12年(1672)、現應寺(祇園寺)がある山側を今石灰町(祇園石灰町)、油屋町側を新石灰町と分割。
明治元年(1868)、神仏の合祀が改められ現應寺が八坂神社に改称。明治4年(1871)八坂神社に因み両町を合併して八坂町となった。
八坂町は昭和41年(1966)町界町名変更で鍛冶屋町、油屋町などに吸収され、現在では「くんち」の踊り町のときのみ八坂町の名で出場しています
※ <傘  鉾>
飾(ダシ) ビードロ(硝子)松に紅葉をあしらい白木神明造鳥居に玉垣を配す。鳩一羽泊る
    しめ縄飾
垂模様  (前日)正絹綴れ錦織にて流水波に真鯉と緋鯉(新調)  (後日)白地塩瀬羽二重金糸にて三社紋刺繍
※ <演し物>
川 船(かわふね) 紅葉の下に魚籠と投網を配す・3ツ車の川船

  ● 銅座町(どうざまち)

※ <町名の由来>
 この地は、東濱町の海岸部を埋め築地として出来た町。享保10年(1725)銅代物替貿易用の棹銅を鋳造するための銅吹所が設置されたことから、銅座と称された。元文3年(1738)銅座が廃止されると、以後は「銅座跡」と呼称したのが地名の起こりです。 その後、寛保元年(1741)鋳銭所が設置され、延享2年(1745)に廃止されるまで寛永通宝が鋳造された。
明治元年(1868)7月に東銅座町・西銅座町が置かれ、同年10月に両町を併せ銅座町とした。現在は周辺と併せて長崎市内で有数の歓楽街となっており、鋳銅所があった場所付近(銅座町13番一帯)に「銅座跡」の碑が建立されてあります。
※ <傘  鉾>
飾(ダシ) 老松と紅葉の下に銅製の献上燈篭を配す
    しめ縄飾
垂模様  金銀糸の波濤図に三社紋を刺繍
※ <奉納踊り>
南蛮船(なんばんせん)

  ● 築 町(つきまち)

※ <町名の由来>
 長崎開港後の元亀2年(1571)、森崎の先端(現・長崎県庁)の台地に六町が開かれ、その後、北側に市街地は広がるが、六町の崖下の大川(現・中島川)沿いにも町が生まれていく。
埋め立てによって築き出だされ町、築町が誕生する。
 文禄元年(1592)~慶長5年(1600)には内町は二十三町あり、築町の名もある。その故に築町は長崎初期の町であった。
 寛文12年(1672)の大改革で築町は東築町・西築町の二町に分割され明治4年(1871)に町名の再編で再び合併し築町となり、 昭和38年(1963)11月の町界町名変更で、現築町・江戸町・賑町に分割され、旧今下町・本下町の一部が合併し、いまの築町となります。
※ <傘  鉾>
飾(ダシ) 満月(新調)に松と白菊 (町名の築を月の字におきかえている) 三日月と満月を7年ごとに
    ビロード
垂模様  綴錦織に帝菊(たかしまや 飯田呉服店製作)
※ <演し物>
御座船(ござぶね)
本  踊  長唄諏訪社奉涛舞船(すわのにわ おさめる まいぶね)
  所望踊:長崎ぶらぶら節 くまもと音頭 長崎音頭